前月 昨日 2019年 4月 6日(土) 明日 翌月
(継続中)

歴博夜桜鑑賞の夕べ

場所:所国立歴史民俗博物館エントランスホール
_無料・申し込み不要
_4月1日(月)は臨時開館。
_期間中は、第一展示室のみ午後6時まで開館(入館は午後5時30分まで
 

しろの日 新聞をヨム日 北極の日 コンビーフの日 白の日

◆しろの日
兵庫県姫路市が1991年に、日本三大名城の一つ姫路城を中心とした市の復興の為に制定。

四(し)六(ろ)で「しろ」の語呂合せ。

姫路城は、1333(元弘3)年に赤松則村によって築かれた。西国統治の重要拠点として羽柴秀吉・池田輝政・本多忠政が城を拡張し、現在の形になったのは1619年であった。五層六階の大天守と三つの小天守とがあり、その形から白鷺城とも呼ばれる。1912年に国宝に、1993年に世界文化遺産に指定された。

◆新聞をヨム日
日本新聞協会販売委員会が2003年に制定。

四(よ)六(む)で「読む」の語呂合せ。

4月は転勤や入学等で住いを移す人が多いことから、「これを機会に新聞を読み始めませんか」というキャンペーンが行われる。

◆北極の日
1909年のこの日、アメリカ海軍の軍人ロバート・ピアリーが、世界で初めて北極点に到達した。

◆コンビーフの日
1875年のこの日、コンビーフの台形の缶が特許登録された。

中に肉が詰めやすいように工夫されて、独特の台形の形になった。

◆白の日
四(し)六(ろ)で「しろ」の語呂合せ。

 
  <今日>